本文へ移動
  有限会社白洋金属工業所
  〒601-8115
  京都府京都市南区上鳥羽尻切町12-1
  TEL.075-691-2757
  FAX.075-691-1794
  ─────────────
  少量多品種の各種めっき処理
  ─────────────
1
0
0
1
8
7

亜鉛めっき

弊社の表面処理加工の1つである、亜鉛めっきについてご紹介致します。

亜鉛めっきの特徴

亜鉛めっきは鉄鋼材料を錆びから守るために、防食用のめっきとして一般的に用いられています。めっき皮膜が自己犠牲的に溶解することで、鉄の腐食(赤錆びの発生)から素材を守ります。
自動車部品、家電製品、機械部品など多くの鉄鋼材料の耐食性の向上のために用いられていますが、表面の亜鉛めっきは腐食されやすく、この腐食を防止しなければいけません。
その為に亜鉛めっき後、六価や三価のクロム溶液に浸漬して クロメート処理というものを行いクロメート皮膜を形成させます。
亜鉛めっきとクロメート皮膜の相乗効果により、長時間にわたり素地の鉄の腐食を防ぐ働きをします。

また、ときどきクロムめっきとクロメート処理を混同されることがありますが、両者は全く異なるものです。

例えば図面に"三価クロメート処理"と記入されている製品は"亜鉛めっき+三価クロメート処理"を行うことになるので、亜鉛皮膜とクロメート皮膜の2層で構成される高耐食の製品となります。


尚、弊社では以下の処理を行っております。
・三価クロメート
・三価ユニクロ
・有色クロメート(六価)
・黒亜鉛(六価)
・三価黒亜鉛


対応製品

≪対応材質≫
・鉄鋼
・鋳物
・ステンレス
・真鍮
・銅
※アルミは外注加工となります
≪処理能力≫
対応寸法:3800L×850W×900H(ジンケート浴)
対応寸法:1000L×600W×700H(酸性浴)
最大荷重:250kg
TOPへ戻る